クックパッドの人気の秘密は?投稿方法や検索の仕方について徹底調査!

2019/02/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

レシピサイトはたくさんありますが、その中でトップといえばクックパッドですね。

例えば簡単夕食と検索すればクックパッドのサイトがすぐに出てきます。読者から寄せられたレシピが満載されたサイトは見る人を飽きさせません。

クックパッドの人気の秘密を調べてみました。

クックパッドのレシピは読者からの投稿

一部を除いてほぼすべてのレシピは読者から送られています。自分が考案した新レシピを発表したり、自分なりの工夫を投稿したりされているのです。読者はそれを見て料理の参考にしますが、それと同時に私ならこうするというような気持も生まれるようです。その連鎖で読者が投稿者となり投稿者はまた読者にもなるのです。

そしてなんといっても投稿者が一般の人だというところが人気の秘密なんです。

料理のプロのサイトだと確かに美味しそうなのだけれど器具やテクニックが追い付かないような意識があります。ところが一般の人が作っていると聞けば自分にも出来そうだと感じるわけですね。一般の人による投稿では住んでいる場所に寄っての特異性が出たりして面白みが増すこともあるようです。プロ用の機材などは殆ど使われていませんし、代用品の提案まで書いてあるものも多数あります。

これは環境の共有化の様なものなのでしょう。料理の種類も高級なものもありますが、ほとんどは一般の家庭料理ですから参考になりやすいというメリットがあります。食材の価格についてのコメントや、高い食材の代用品のレシピ等お金をかけずに美味しいものを作るという側面も持っています。

そしてそのレシピの数の多さは追随を許しません。全部見ようとしたら時間が掛かりすぎるほどのレシピ数が閲覧できるのも人気の一つです。

作り方は色々ですから自分に合った作り方を探したいなどのニーズにこたえてくれるわけです。それだけ食事を作るのに手間暇をかけたり工夫をしている人が多いという事と、全く逆になるべく簡単に作りたいというニーズが同時に存在するのです。

クックパッドに投稿方法

まず会員になる事です。これは無料で登録内容も簡単です。そして登録後にマイページを見ると投稿というボタンがあり、そこを押せば後は指示に従って内容を書き込んだり写真を載せたりすればいいだけです。それを投稿すれば翌日にはサイトに紹介されます。この敷居の低さも投稿者が多い原因となっているようです。

クックパッドでは自由に投稿出来る代わりに謝礼金の様なものがありません。つまり投稿者は投稿したいからしているだけなのです。

何度も投稿している人も少なくありませんし、投稿からSNS的なつながりも出来ているようです。

つくれぽ

クックパッドでは投稿されたレシピに対して読者から実際に作ってみた感想や写真を掲載する欄があります。これはつくれぽと呼ばれていて、この投稿数が多いとレシピの人気があるという事になります。このつくれぽの存在が投稿者のモチベーションを高めているのは間違いないでしょう。読者から美味しかったですと言われて悪い気はしませんから、また次にも投稿してみようとなるのですね。

またこのつくれぽに投稿者からのメッセージが付いたりして、意見交換的な部分もあります。材料を変えてみたらいいだとか、盛り付けが投稿者より素敵だったなどが書き込まれます。料理を通じてのつながりは同じ目的でもあり安心感が生まれる事で、穏やかな雰囲気になっています。

書き込みがされるサイトではよくある誹謗中傷的なものがないのも人気なのでしょう。料理はこだわってもよし時間が無くてとにかく早く作るのもありですが、人間には必須なものですから自然と真剣みが増すのでしょう。

つくれぽは穏やかながらしっかりとした意見が入っていたり、オリジナルの料理を超えるような出来栄えの写真があったりで、投稿者も競争心を持つのは必然かもしれません。

掲載されるレシピを検索する

投稿されたレシピの数は250万を超えているそうです。ここまで多くなってしまうと探すのが大変です。そこはちゃんと考えてくれていて、材料から、ジャンルから用途から等と多数の検索方法が用意されています。それでも出てくるレシピ数は驚くばかりです。

検索結果から写真だけを見て決めたりしないと献立が決まらない事態も起きてしまいます。ブラウザの検索サイトで料理名を検索すれば、確実にクックパッドが上位に掲載されます。そこから始めれば若干の時間の節約は出来ると思います。とにかくそれほどレシピ数が多いという事なのです。

クックパッドはどういう時に使っているか

これについては統計的なものが見当たりませんでした。献立を考える時でも、買い物の前か後かで違います。盛り付けだけという人もいるでしょう。作った後の反省材料というのも考えられます。趣味として料理のレシピを見ている人とか常に研究の為に見ている人もいるでしょう。

また目的もこだわり派と時短派に分かれると思いますからそれこそ自由自在です。

まとめ

クックパッドはレシピサイトの代表格です。そこに行けば載っていないレシピはないだろうと思えるくらいの情報量を誇っています。

これからは動画の数も増えていくかもしれませんし、そうなると見る側の工夫が必要になるかもしれません。うまく使って役立てるのは使用者のする事なんですから。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Summary , 2018 All Rights Reserved.