キッチンオリジンの店舗やメニュー、アルバイトについて調べてみました

2018/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キッチンオリジンは、イオングループの惣菜店です。

同系列の「オリジン弁当」を更に女性向けのニュースタイルに展開させた店舗ですが、どのような特徴がある店舗なのか、どのようなメニューや弁当の種類があるのか、アルバイトとして働くにはどのような方法があるのか、以上3点について解説をいたします。

キッチンオリジンの店舗とは

キッチンオリジンは、オリジン弁当でおなじみの食品を手掛ける会社「オリジン東秀」がオープンしたニュースタイルのお店ですが、その誕生の大きな背景として、近年の働く女性の目覚ましい活躍があります。
忙しい女性は、なかなか栄養バランスのとれた食事を作ることが難しい傾向にあります。
生き生きと働くためには、食生活の充実は欠かせないものです。

そんな働く女性の食生活をサポートするために、キッチンオリジンは2014年2月に東京都の池袋に誕生しました。
食生活のバランスを支える野菜を扱ったお惣菜メニューを豊富に取り揃え、テイクアウトの他、イートインスペースを提供するなど、従来のお弁当屋さんにはなかったサービスの提供を行っています。

店舗の外観も、シックな茶色や白を基調にしており、おしゃれで落ち着いた雰囲気が魅力となっています。
キッチンオリジンは、現在関東地方と近畿地方を中心に約340件の店舗数が展開されています。

キッチンオリジンのメニュー、弁当の種類とは

「オリジン弁当」が少しずつキッチンオリジンにシフトチェンジしている店舗も多いためか、キッチンオリジンのお弁当メニューは「オリジン弁当」のメニューを踏襲しているものが多数見られます。

「関東メニュー」「関西メニュー」と地方ごとによって分かれているお弁当メニューですが、基本的なメニューはほぼ同じであるものの、店舗内で食べられるうどんの種類が関東メニューの方が多く、カレーの種類では関西メニューの方が多いなど、それぞれで違いがあります。

キッチンオリジンならではのお惣菜メニューは、量り売りが特徴的です。
自分が食べられる分量を調整することができるので、うっかり食べ残してしまう心配もありません。

気になるメニューの一部ですが、「くるみとほうれんそうの白和え」や「肉じゃが」「彩コールスローサラダ」といった食卓でも手軽に作れそうなメニューも、忙しいとなかなか作ることが困難なため、働く女性の強い味方です。

栄養バランスやカロリーもしっかりと表示されているので、今の自分に必要な栄養を中心にメニューを選ぶこともできます。

また、ひと手間かけて作る「酢豚」や、家庭ではなかなか作ることのできない「ごぼう肉団子の甘酢あん」などがあるのも嬉しいメニューと言えます。
同じ「若鶏のから揚げ」でも、塩風味やガーリック風味と種類がありますので、その日によってどのお惣菜を選ぶか、楽しみながら買い物をすることができます。

キッチンオリジンでアルバイトとして働くには

女性にとって魅力的な店舗として躍進しているキッチンオリジンですが、自分と同じように「働く女性の食生活をサポートしたい」と考える女性もスタッフとして活躍しています。
もちろん、男性スタッフも大活躍中です。

「やはりお惣菜店なので、料理ができないといけないのだろうか」という心配事を挙げられる方もいらっしゃいますが、その点については店舗内に簡単な調理キットが備わっているために、どなたでも気軽に応募することができます。

また、「面接には履歴書は不要」という応募要項も、大きな特徴です。
キッチンオリジンで働きたいという想いがあれば、アルバイト・パートとして応募することができます。

入社後は丁寧な研修や、動画を使ったマニュアル理解ツールなど、工夫を凝らした指導によって楽しんでお仕事に臨むことができます。

なお、アルバイト・パートの応募はホームページの応募フォームもしくは電話で応募することができます。

まとめ

以上が、キッチンオリジンの「どのような特徴がある店舗なのか」、「どのようなメニューや弁当の種類があるのか」そして「アルバイトとして働くにはどのような方法があるのか」についての解説になります。
いかがでしょうか。

おなじみの「オリジン弁当」から、大きく変化を遂げる女性のライフスタイルに合わせた食生活のニーズを提供する店舗へと進化するキッチンオリジンですが、もちろん男性にもおすすめの店舗と言えます。
体に優しいメニューは、性別を問わずに健康管理にはとても助かるものです。

「健康に気を使う食生活」というものは、わかってはいるものの、自分一人ではなかなかうまくこなすことができにくいものです。
「健康でありながら、元気に働きたい」という願いを叶えるためのメニューが、キッチンオリジンにはそろっています。

もし、お住まいのお近くにキッチンオリジンがある場合は、是非一度足を運んでみることで魅力に触れることができますし、今後の食生活の参考やヒントになるものに出会えるのではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Summary , 2018 All Rights Reserved.