運転免許更新はいつからいつまで?忘れた場合や違反があった場合についても解説します

2018/11/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

自動車運転のための免許更新。
免許センターが近くにある方は、便利ですよね。

免許証とお金と印鑑などを持っていけば、写真も撮ってくれますし、講習が終わったら直ぐに免許証が交付されますし。
田舎の方だと地元の警察署に行って、地域の公民館などで講習を受け(講習も月に2、3回しか開催されなかったり)、後日警察署に取りに行きます。面倒臭いです。

初めての免許

自動車学校に通って、初めて運転席に座った時のことを覚えていますか。
現在でもマニュアルで免許を取る方が多いのでしょうか?普通免許だけでなく、大型、大特などを取る方はマニュアルなのでしょうか。

オートマチックの車が増えていますから、オートマ限定で取る人もいそうですね。

初めての免許証、どんなのだったか覚えていますか?
緑色なんですよね。有効期間は3年。ゴールド免許まで、単純計算で8年かかります。

免許更新の種類

色としましては、緑色(3年)、青(3年と5年)、ゴールド(5年)がありますね。
青免許に有効期間が2種類あること、ご存知でしょうか。

ゴールド免許の優良ドライバーが次の免許更新までに1回だけ軽微な違反をしたとします。すると、一応優良ドライバーではあるけど、1回違反したから青5年という免許証が交付されます。
通称、屈辱の青5年免許です。

普通自動車の免許を昔取った人は、中型免許になっているはずです。
現在は普通免許でも、小型、中型、大型にわかれていますよね。

講習も何種類かあります。違反を重ねるほど、講習時間は長くなっていきます。

ゴールド(5年)は30分
青(5年)は1時間
違反者講習は2時間ほど…
高齢者(認知症テストあり)は分かりませんが、恐らく2時間講習かと思われます。有効期間は2年です。

免許が無くなったら?!

違反を重ねて免許取り消しになる人もいますが、うっかり更新を忘れた! と、期限切れになってしまうことがあります。
更新の年の誕生日の1か月前くらいに、免許更新のお知らせ葉書が届きます。更新のために使える時間は、誕生日の前後1か月前、2ヶ月間あります。

ですが、その時期に怪我や病気で入院していたとか、長期出張で更新に行けなかったなど、正当な理由がある時は、あとから講習を受けて免許更新をすることができます。

違反を重ねて取り消しになってしまった場合は……確か、数年免許が取れない、取るお許しが出ない期間がありまして、その期間が終わってから、再度自動車学校に行って、再び緑の免許証から始めなくてはいけません。

ちなみに、入院などで免許を流してしまった人も、取り直した免許は緑色になります。

暗証番号とICチップ

ここ何年かの間に、運転免許証にはICチップが組み込まれ、暗証番号が2つ設定されるようになりました。

これ、何に使っているのでしょう…?
ICチップは偽造防止のためです。

では暗証番号は何に使うのでしょうか?きちんと覚えている方、少なくないですよね。
忘れましたーと言っても普通に免許更新出来ます。

調べてみるとどうやら普段の生活では必要になることは滅多にありませんが、軍備施設などに立ち入る際、受け付けで本人確認の為に使用されるようです。

免許更新後に新たに暗証番号を指定するため、忘れてしまっても大事には至らなそうですね。

かっこよく写真に映ろう

免許センターだと、自分で証明写真を準備する必要がありません。センターの中で撮ってくれます。
ただ、取り直しとか出来上がりチェックがあまり出来ないんですよね。

かっこいい写真の免許を持ちたいなら、きちんとした写真屋さんへ行って、奇跡の一枚を撮りましよまう。
しかし、奇跡の一枚と現実のお顔がかけ離れないよう、その辺はご注意ください。

まとめ

田舎では生活必需品とも言える自動車。
田舎の高校生は、たいてい進路が決まると免許を取りに自動車学校へ通うお許しが出ます。

これまた田舎では、市町村の市くらいなら街の郊外に自動車学校はあるのですが、町村だとないようですね。遠くの自動車学校まで、通わねばなりません。親御さんが車で送迎したりします。
買い物する店まで〇キロ、荷物抱えて歩いていくのは無理…バスの本数も少ない。となったら、やはり一家に一台(もしくはひとりに一台)車は必要です。

高齢になって、乗ったら危ないからと、運転免許証を返納するドライバーもいます。市町村によっては、バスやタクシーの補助券などが交付されるそうです。
元気な高齢者の方は、認知症テストを受けて高齢者講習をクリアして、高齢者マークを貼って運転していますよね。
お住いが郊外で、車がないとお困りになるのかもしれませんが…。

運転免許証は、身分証としても最適です。
以前は本籍地まで載っていました。本当に身分を証明するのにもってこいでした。
本籍地欄のない免許証だと、親御さんの転勤などで、自分の本籍地を覚えていない人もいたと思います。

皇居を本籍地にしている方もいらっしゃったとか…ますます本籍地欄がなくなったのは残念です。

マイナンバーカードも良いのですが、まだ政府の方で上手く運用出来てないらしく、去年の確定申告でも使われませんでした。まだ数年出番のなさそうなマイナンバーカードを身分証にするより、日頃持ち歩く運転免許証のほうが便利な気がします。

更新や転居に伴う住所変更など、手間はかかりますが、いざと言う時に運転免許証は便利です。
更新は誕生日の前後1ヶ月ずつですよ!お忘れなく!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Summary , 2018 All Rights Reserved.