スターバックスの店舗やレギュラー・季節メニュー、タンブラーなど魅力をお届けします!

2019/02/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アメリカ西海岸の都市、シアトルのスタイルでエスプレッソのスペシャリティーコーヒーのエスプレッソカフェ(こだわりのエスプレッソコーヒーを提供するお店)のチェーンとして、世界的に有名なスターバックスコーヒーについて、今回、店舗やメニュー、季節のメニューのほかタンブラーについてまとめてみました。

コーヒーショップとしては世界最大のコーヒーショップチェーンなだけに、様々なこだわりや工夫があります。
これを読んで少しでもスターバックスのが伝われば幸いです。

スターバックスの店舗について

スターバックスの店舗は全世界に展開され、2018年現在28,218店舗を数えるに至っています。
従業員も2016年のデータで23万人をゆうに超え、一つの都市と同規模の従業員を抱えていることになります。

そんなスターバックスは、画一的な店舗をただひたすら増やしているのではなく、各都市や各地のロケーションにマッチした店舗の展開を行っています。

例えば、京都のスターバックスなどは古い家屋をモチーフにした店舗を展開していますし、公園内の店舗は公園の雰囲気にマッチした外観を持っています。このような展開ができる秘密は、スターバックスの各国の支社で、独自のデザイナーを直接雇用しており、個性的な店舗デザインを作り出す部門を持っていることです。

このようにただ店舗数が多いだけでなく、店舗デザインにも強いこだわりを持っているというのが他の飲食チェーンよりも一歩リードしている点かもしれません。

 

このこだわりを持った店舗ですが、スターバックスの公式サイトで日本国内の店舗を検索することができます。
調べられる方法は4つ、住所を入力してその近隣のスターバックスの店舗を探す方法や都道府県から調べる方法、最寄り駅やランドマーク(東京タワーなど目印になる建物)、それにスマートフォンやノートPCに搭載されたGPSを元に最寄りの店舗を調べる方法があります。

住所は、直接現在地などの住所を入力することで検索できます。
この時、無線LANの有無やドライブスルーの有無などのほか新幹線の構内なども調べられます。

都道府県は47都道府県のいずれかを選択(2015年に全都道府県にスターバックスの店舗ができた。)すると、該当する店舗のリストと昭文社(マップルなどの地図メーカーとして有名)の作成したマップ上に店舗の案内が表示されます。

駅やランドマークは、駅名のほか、空港名や施設名(大学や病院名、施設名など)を入力すると該当する店舗がリストアップされます。

意外と施設内に設置されている場合も多いので、最寄りの施設で検索するとリストアップされるかもしれません。

国内だけでもかなりの店舗数がありますから、このように様々な手段で該当する店舗を探すことができるようになっているのです。

スターバックスのメニュー

 

 

レギュラーメニュー

スターバックスのレギュラーのメニューはビバレッジメニューとフードメニューに分けることができ、公式サイトでも同様の分類で調べることができます。

大まかに説明すると、ビバレッジメニューは、通常タイプのコーヒー、エスプレッソ、冷たいコーヒーや抹茶のビバレッジ類のほか、紅茶やミルク、ジュースなども案内されています。
コーヒーのポットサービス(これはあらかじめ電話注文が必要)など、普段なかなか頼まないメニューの案内もあります。

フードメニューは、ケーキ類やサンドイッチ、ドーナツやビスケットのほか、ポテトチップスやチョコレートなどのスナック類、キッシュなどの軽食系の品目が紹介されています。
実際に店舗へ行くとメニューが豊富過ぎて目移りしてしまう方もいると思いますから、あらかじめサイトで調べておくと良いかもしれません。

季節メニュー

季節メニューは、ビバレッジ、フード共に各メニューページのトップで紹介されています。

例えば、フードメニューであれば季節のケーキや特別なサンドイッチ、通常のメニューのラッピングを変えたものなど、季節によってやや異なる品ぞろえになります。

スターバックスのタンブラーについて

スターバックスのタンブラーは店舗で買うことができます。
サイズは350ml~500ml程度のものが揃えられており、企業とのコラボレーションタンブラーや季節限定のタンブラー、地域限定タンブラーなどコレクション性もあるアイテムです。

ちなみにこのタンブラーを持参すると20円ほど割引価格でコーヒーやエスプレッソなどを購入することができます。

消費税にも満たない金額かもしれませんが、何となく常連ぽいような感じがして楽しいかもしれません。

まとめ

このように様々な地域で、個性的なタンブラーを販売したり、こだわりの店舗デザインを行う等、チェーン店とは思えないこだわりの詰まったお店がスターバックスと言えるのではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Summary , 2018 All Rights Reserved.